So-net無料ブログ作成


シマノ製じゃないフリー抜きなら外せる気がした ボスフリー [ドッペルギャンガーいじり]

フリー抜き工具が空転して外せなかったスプロケ。
ハブのグリスアップは外さずともなんとかできていましたが、今回はスポーク交換をしないといけないので、なんとかして外さないといけません。
resize7_1895.jpg
E-tool BT-23
Amazonレビュー見てたら、シマノのTL-FW30より長いのでガッツリ噛んで、より外しやすいらしいので
いつか必要に迫られたら使おうと思って購入はしてました。

E-tool(イーツール) フリー抜き BT-23

E-tool(イーツール) フリー抜き BT-23

  • 出版社/メーカー: E-tool(イーツール)
  • メディア: スポーツ用品



並べてみると、目測で3mm程度長い模様
resize7_1896.jpg
これでイケるのか!?

なんか山の太さが違うなと思ったので、また並べる
resize7_1897.jpg
こんなに太いと、そもそも使えるのか心配になってきました^^

早速外したホイールに使ってみる
resize7_1898.jpg
刺さるのは刺さるんですが思ったより深く刺さらない。
玉押しのロックナットが内側で当たっちゃってる模様。
心配しても始まらないので、いつもどおりでかいパイプレンチを使って・・・
今度は舐めないようにと、慎重に力を入れていっても、めちゃくちゃ固着していて、また舐めそうなんですが、外さないとどうせ終わりなので一か八かでドン!と力を入れるとー
resize7_1899.jpg
外せたー!
また勝ってしまったか。敗北を知りたい。

工具の当たりを見てみると下10mm弱くらいしか当たってなかった模様
resize7_1900.jpg
これで舐めるようだったら、シャフトから玉押しのロックナットとか間座を抜いて、工具を深く当てる可能性もまだ残るか。
resize7_1901.jpg
しかし、それで外せないとロックナットも元に戻せなくなる気もしますが。。

やっとスプロケがいなくなったので、できなかったグリスアップをやり直し
resize7_1902.jpg
開いたら、かなり汚れました。
resize7_1903.jpg
ガタが出て調整しようと苦戦したくらいなので、隙間から汚れが入り込んでいた模様。

拭き取ると、虫食いもなく黒のメッキが剥がれた程度
resize7_1905.jpg
セーフ

グリスアップして玉押し調整をやり直して、やっとスポークを張りました
resize7_1907.jpg
スプロケ側260mmでした。
いつもは1本交換して簡易的な振れ取りをしてますが、3本も抜けちゃうともう訳がわからないので、平均的にテンションを上げつつ、かなり手探り。

シューにも当たらなくなったし、もうこれくらいにしとくかと、タイヤにエアーを入れきった瞬間!
resize7_1909.jpg
パチッ!と音がして別のスポークが飛びました><
すでに断裂面が錆びてるところを見ると、今日ヒビが入ったわけじゃないということに。。
3本飛ばした時の衝撃で折れていたのか、もっと前からなのか。
これは敗北と言わざるをえない^^

一応4本セットをお急ぎ便で買ったので、予備にしようと思った1本を使って交換はすぐできたんですが、スポーク自体寿命が来てるっぽい。
resize7_1910.jpg
一気に数本飛ばれると困るから、まだ切れてないスポークも2本抜かしくらいで交換していこうかしら。




nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Related Posts with Thumbnails