So-net無料ブログ作成


メカディスクからデュアルピボットブレーキに変更・交換 [ドッペルギャンガーいじり]

ドロップハンドルのブレーキレバーの引き量がメカディスクにあってないのと、最初から効きがイマイチだったドッペルギャンガーのデフォルトブレーキを交換してしまうお話。
テクトロ900A デュアルピボットブレーキ resize7_1743.jpg
前回の試技では、ブレーキアームが足りないという事態に陥ったので、ロングタイプを再購入。
 前回記事: あながあったら入れたくなる だって男の子だもん




仮の組み付けでドキドキのテスト
resize7_1744.jpg
resize7_1745.jpg
リムとシューの位置は、900Aなら問題なし!

ブレーキアウターを詰める前に、キャリパを本締めして効きを試そうかしら?
resize7_1746.jpg
本体とシューを位置決めして固定。
当たり前だけどアウターワイヤーがめっちゃ余ります。
そして効きの方は・・・イマイチ^^
今回はケチって、初めて付属のシューを使おうと思ったんですが、やはり別に用意しないとだめっぽい。

それはそれとして、このブレーキで行けそうなので、ワイヤーを詰めようとインナーワイヤーをある程度抜いてからアウターをカットしようと思ったら、弾きだしたインナーが戻せない。
ブレーキレバーとブルホーンバーの組み付けて曲げて取り付けてるので、ワイヤーを引き抜けるけど簡単には押し戻せない模様^^
resize7_1747.jpg
こうなると、バーテープを外してアウターをまっすぐにしてから入れ直さないとインナーが戻らない><
テープ巻きは苦手です。

ここは諦めて、アウターワイヤーをカットして、潰れた切り口をヤスリで均して
resize7_1749.jpg
resize7_1750.jpg

ハンドルバーに固定したアウターワイヤーを外して真っ直ぐにしてインナーワイヤーを入れ直してブレーキ組付けは終わり。
resize7_1751.jpg

後はバーテープを戻すだけ!
resize7_1752.jpg
粘着なしなので何回でも巻き直せます。
結局4回やりました><

真冬の作業は体が凍えていけない。
ドミノ的に、余った800AをクロスバイクもどきのダイヤコンペDL800と交換しようと思っていましたがそんな余裕はなく。
不要になったメカディスクも外す元気がなく、そのままで^^
resize7_1757.jpg
春になったら本気出す。

現在はこんな状態
resize7_1754.jpg
resize7_1755.jpgresize7_1756.jpg
フロントがロングキャリパで、リアがミニVブレーキっていう、このブログにありがちなアシンメトリー。
とりあえず何かブレーキシューを探そうそうしよう。

nice!(14)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 14

コメント 2

矢田@医療職兼業トレーダー

私は不器用なんでうらやましいかぎりです。
応援しておきました。ポチッ
by 矢田@医療職兼業トレーダー (2016-12-16 20:23) 

goma

矢田@医療職兼業トレーダーさんこんばんは。
ありがとうございますー。
by goma (2016-12-17 18:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Related Posts with Thumbnails